製鉄所整備ラインのロール軸

鉄鋼

csae_06

Before

  • 一般的に製鉄所設備ラインのロール軸のシャフトにはキー溝加工をし、ナット+歯付座金でゆるみ止め対策を行っていたがナットがゆるむ箇所によっては現場で溶接を施していた。
  • 近年、製鉄所内は火気レス化が進められており、ゆるみ止め対策としての溶接が困難な傾向にある。

After

  • ハードロックベアリングナットを使用することで歯付座金やシャフトのキー溝加工が不要となり部品点数低減とあわせて作業性も格段に向上した。
  • 溶接に代わる締結方法として評価され多くの製鉄所内の様々な締結箇所での火気レス化に貢献している。

主なゆるみの原因

ボルト軸回り方向繰返し外力によるゆるみ。
ボルト軸直角方向繰返し外力によるゆるみ。