船舶内燃機の締結箇所

船舶

csae_10

Before

  • 船舶内設備締結にはダブルナットが使用されており、振動以外にも熱膨張によるナットのゆるみが深刻であった。
  • 頻繁に増締め作業を行う必要がありメンテナンスにかかる時間とコストも膨大であった。

After

  • 特殊コーティングを施したハードロックナットに変更することで、熱膨張によるゆるみも解決した。
  • ハードロックナット導入後は増締め作業も不要となりメンテナンスコストの大幅削減が実現した。

主なゆるみの原因

微動摩耗によるゆるみ。
ボルト軸直角方向繰返し外力によるゆるみ。
熱膨張によるゆるみ。