羽田空港 D滑走路増設工事

橋梁

csae_12

Before

  • 海上空港の人工地盤裏面にチタンパネルを施工する際、プリべリングトルクタイプのゆるみ止めナットが検討されていた。
  • ボルトに傷をつけることによる(めっき剥離)錆の発生が懸念され耐食性と安全性に大きな課題を抱えていた。

After

  • プリべリングトルクタイプのゆるみ止めナットに代わりハードロックナットを使用することでボルト損傷問題と共に錆の問題も解消された。
  • 航空機離着陸時の激しい振動によるゆるみ発生の不安も解消され国交省が要求する100年保証にも対応できた。

主なゆるみの原因

微動摩耗によるゆるみ。
ボルト軸方向繰返し外力によるゆるみ。