風力タワー内送電設備

環境装置

csae_16

Before

  • 風力タワーは強風地域に設置されており強力な風荷重による常時不規則な応力が発生するため、一般的なスプリングワッシャーやダブルナットでゆるみ止め対策ではゆるみはおさまらなかった。
  • ブレード(羽根)の回転による振動でタワー内部の配線ケーブルラック及びラダー等、締結部にもナイロンナットを使用していたがゆるみが頻繁に発生していた。

After

  • ハードロックナットに変更することで各締結部を適正トルクによる軸力管理に成功した。
  • 通常のメンテナンス回数が減少し、設備保全コストの大幅削減が実現した。

主なゆるみの原因

ボルト軸直角方向繰返し外力によるゆるみ。
微動摩耗によるゆるみ。