分岐器ポイント部 スイッチアジャスター

分岐器ポイント部
スイッチアジャスター

csae_19

Before

  • 分岐部は列車通過時には最大500Gの衝撃がかかり、特に可動箇所であるアジャスター部には振動が集中し日常的なゆるみが発生していた。
  • ポイント可動箇所は分岐器特有のレール軌間保持が絶対とされておりゆるみ止めとあわせて軌間の微妙な調整が必要とされていた。

After

  • ハードロックナット化によりレール軌間の微調整とあわせてゆるみ止め対策が実現。この実績により多くの鉄道会社で採用が進んでいる。
  • 分岐器内の各種締結ボルトについてもハードロックナットが採用されメンテナンスコストの削減が実現できた。

主なゆるみの原因

ボルト軸方向繰返し外力によるゆるみ。
ボルト軸直角方向繰返し外力によるゆるみ。