お問い合わせ 購入はこちら

道路・橋梁


我々の社会を支える様々なインフラ設備の中で、全国の道路(高速道路を含む)や道路構造物である橋梁やトンネルは、様々な自然環境下で常時風荷重や車両の通過時に発生する振動等を受け続けています。そのため、部材を締結しているねじ部品にとっては、非常にゆるみやすい環境と言えます。更に耐食性を上げるためにボルト・ナット・座金のねじ部品には膜厚の非常に厚い溶融亜鉛めっきを施しているケースが非常に多く、締付け後のボルト軸力のバラつきが非常に高いことも加わり、ねじのゆるみ(軸力低下)は必然的に発生する箇所とも言えます。

現在、国土強靭化対策として50年以上経過した老朽設備を見直し、自然災害に備え、耐震補強や長寿命化対策が進められています。インフラを支える「ゆるみ」から発生する課題は、ハードロックナットの採用で解決することができ、更に定期点検にかかる莫大なコストを削減することも出来ます。こういった理由から国内外で着実に採用が拡大しております。

  

●主な使用箇所

高速道路

   防音壁・裏面吸音板締結箇所
   電気配管ケーブルラック他
   照明柱アンカーベースプレート
   ETC・情報板設備
   トンネル内ジェットファン
   グレーチング締結箇所
   ガードレール締結    他

トンネルジェットファン取り付け部
標識取付部
照明柱 アンカー部
料金所 アンカー部
橋梁

   橋梁付帯設備全般
   送水配管フランジ箇所
   照明設備(LED等)
   落下物転落防止設備
   点検通路各種締結 他

明石大橋

送水配管フランジ

付帯設備

事例集

Coming Soon